読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「JavaScriptの理解を深めた人がさらにもう一歩先に進むための本」途中 その1

前回以下本を読んだので、次ステップへ。

まだ 「Chapter2 Strictモードをつかいこなそう!」しか読めてない。

Strictモード、使ったことがないのだけれど、普通使うものなんだろうか?

let が出てきたけど、これは ES5 だったっけ?と思ったが、ES6 で合ってた。
ES6 を実行出来る環境にしておく必要あり。
developer.mozilla.org


RubyMine の JavaScript の language version もそれに合わせる必要あり。
追記
Strict モードで let が使えるのだった。こんなことも知らなかった。勉強せねば。
developer.mozilla.org

React の勉強

React の チュートリアルをやってみた。
facebook.github.io

が、正直いまいちよくわからない。
とりあえず、ベタな管理画面をReactでやってみようかと思って以下のサイトを参考(という名の丸パクリ)に勉強中。
qiita.com

ただ、せっかくなので ES6 形式で書きたいと思ったが、躓くところがあった。
それは以下を参考にクリアした。
toddmotto.com

まだ管理画面すらできていないので、うまみはわからない。
が、ちょっとずつ画面が出来てくると嬉しいね。

「オブジェクト指向設計実践ガイド ~Rubyでわかる 進化しつづける柔軟なアプリケーションの育て方」読んだ

内容としては、以下サイト様に同意。

d.hatena.ne.jp

あと、完全に好みの問題ではあるが、たまたま伊藤さんの tweet で仰ってたことが、この本の感想と同じだった。

コード例が少なくて、話が長いな・・・、と思った(申し訳ありません・・・)。
もっと写経し易い感じだと良かったなぁ、というのが率直な感想。
対象としている層はどこなのかな?というのも気になった。
初心者や、そのレベルくらいだとちょっときつそう。
中級くらいだと、ちょっと物足りない、という感じかも、とも思う。

「何となくJavaScriptを書いていた人が一歩先に進むための本」を読んだ

ちょっと前に、フロントエンド周りの流行についていくいかないでネット上では少し話題になっていたよう。
自分は地味な業務アプリしか作ってないので、まぁ今はいいか、と言い訳して勉強してこなかったけど、ちゃんとやろうと思った。
というか、直也さんのtweetが脳天に刺さっただけなんだけども。



JavaScriptをとりあえず勉強しよう、と思い立ち、とりあえずワンコインで買える以下の本を買って読んだ。

続きを読む

C# で組み合わせ

前提条件の説明がし辛いけど、10桁の文字列で、それぞれの桁に数字またはアルファベット、または*(意味的には、数字やアルファベットが設定されていない場合、としている)がいくつか選択肢として持っているとする。
このとき、全組み合わせを表示したい。

当然だけど、10桁全てをネストでループ回せばできる。
再帰を使えばすっきりかけるのではないか、と思ったが、再帰は難しくてよくわからない。
試行錯誤した結果、表示は出来るようにはなったがもっとよいやり方があるように思う。

class Program
{
    private static List<string> patterns = new List<string>();
    private static List<string>[] seed = new List<string>[10];

    static void Main(string[] args)
    {
        // テスト用の値設定
        seed[0] = new List<string> { "*" };
        seed[1] = new List<string>() { "1", "2", "3" };
        seed[2] = new List<string>() { "4", "5" };
        for (var i = 3; i < 7; i ++)
            seed[i] = new List<string> { "*" };
        seed[7] = new List<string>() { "6", "7", "8" };
        seed[8] = new List<string> { "*" };
        seed[9] = new List<string>() { "9", "0" };

        SetPattern();

        foreach (var pattern in patterns)
            Console.WriteLine(pattern);
    }

    public static void SetPattern(int key = 0, string pattern = "")
    {
        foreach (var val in seed[key])
        {
            if (key < seed.Length - 1)
                SetPattern(key + 1, pattern + val);
            else
                patterns.Add(pattern + val);
        }
    }
}

結果は以下。

*14****6*9
*14****6*0
*14****7*9
*14****7*0
*14****8*9
*14****8*0
*15****6*9
*15****6*0
*15****7*9
*15****7*0
*15****8*9
*15****8*0
*24****6*9
*24****6*0
*24****7*9
*24****7*0
*24****8*9
*24****8*0
*25****6*9
*25****6*0
*25****7*9
*25****7*0
*25****8*9
*25****8*0
*34****6*9
*34****6*0
*34****7*9
*34****7*0
*34****8*9
*34****8*0
*35****6*9
*35****6*0
*35****7*9
*35****7*0
*35****8*9
*35****8*0

Rails 4 技術者認定シルバー試験 に合格しました

お礼

まずは、以下のサイト様。
macera.hatenablog.com

このサイトを、一日何回も毎日ずっと見続けました。
この試験、あまりに情報が少なくて何を勉強して良いかわからず(問題集も評判悪いようですし)、不安で不安で、もう何回も見なおしました。
今回この日記を書こうと思ったのは、私のように不安でたまらない、という方の助けになれば、と思ったのがきっかけです。
ただ、もう Rails5 が出ちゃってるので、今からこの試験受ける人いるかな?という気はしますが・・・。

続きを読む

続けたい

続けたい日記が続けられない! ただ、勉強をサボっていたわけでない、という言い訳。